日本が攻撃されたらどうするか

「我が国の平和と安全のために、再軍備が必要」、と考える人たちは、
国際情勢にリアルな危機感を感じ、焦燥感 にいてもたってもいられないのかもしれない。

で、私はどう考えるかというと、

現実的な、やられるかもしれない危機はあると思う
(あると思わないが、あると想定してもいいと思っている)。
日本の防衛力が弱くて、外国の武力侵害を許してしまったら、
原 発の一基、二基、ミサイル攻撃にあったり、
離島が占拠されたり、
国土が破壊され、たくさんの人が亡くなるかもしれない。

しかし、日本政府を転覆させ、日本全土を植民地にしたい、という目的で日本が攻撃されることは、ないと、楽観的に思っている。
爆撃で荒廃した土地や、核で汚 染された土地、反逆的な生き残りが住む土地を欲しがる侵略者は、いるとしたら、宇宙人ぐらいだろう。

ちょこっと侵略された時点で、大声で国際社会に訴え、
国際社会全体が悪者国を糾弾するように仕向ければ、
攻撃は収まるんじゃないかと思う。
そうなるように、平時から外交や国際貢献をしっかりやる、それはもちろん大前提。

逆に、もし日本が外国との交戦権をもって、盛んにドンパチやったら、
日本の全原発が標的になり、日本の国土全部が破壊されると、全滅になると悲観的に思っている。
米軍に武器弾薬、水も薬も食料も、なんでも提供、輸送も防護もします、となれば、米国より先に日本が標的にされると思っている。

局地的な被害ですむか、全滅か、を比べたら、全滅はいやだよなぁ、という方に傾く。

こちらが勝ちたいと思うとき、相手も負けたくないと思っている。どっちもどっちで引けなくなる。
だから「戦争は絶対だめ、少しだけなんてない、ちょっともやっちゃいけない」という意見に組する。

これとちょっと違うのがアメリカの戦争。
アメリカは、自国領域が攻撃されるのをちょっとも許さない。
許さないために、圧倒的な力で、相手を叩き潰そうとする。
で、やりすぎになる。長期になる。報復テロを生む。

私は、ゴキブリを見ると、もう、アメリカになっちゃう。
絶対やだ、たたきつぶしちゃる。

でも、ゲジゲジやミツバチなら、(まぁいっか、刺されても自分が死ぬことはないし)と思う。
スズメバチだって、一匹なら、最悪刺されても仕方ないと思う。
で、何を言いたいか、というと(脈略なし・・)、

安全保障環境の変容、という危機感と正面から向き合い、
どう世界の危機に対応するかを、私たちはちゃんと考えなければいけない。

自衛隊、守るべきは「非戦のブランド」。
11人の元幹部自衛官・安全保障論の専門家による、日本の国防を考えるための入門書!
<リンク>自衛隊を活かす
こういう本を参考にしながら → Amazon

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

anporonten

Author:anporonten
秋田県横手市在住の一市民です。
私は、「平和安全法制」の法案に関する国会の審議記録を精査し、論点と問題点を整理し、「安保法案の論点整理」のホームページで発表しました。その後、2015年度補正予算案の審議、2016年度通常国会の審議と追跡を続けています。

検索フォーム
月別アーカイブ
アクセス数