アベノミクス検証【一億層活躍】

Facebookを通じて流れてきた情報をすくい取り、驚き、考え、自分の身に寄せて考えてみたことを書きます。

■保育待遇

hoikusi.jpg

●野党5党が“保育士給与引き上げ”法案提出/2016.3.24
==>圧倒的反対にあって、否決された。

●首相が表明した保育士給与2%引き上げ案に非難続出
==>直後から演説で、「保育士の給与を上げました」と実績を強調。N HKと読売が報道。そして今、選挙演説でも、同じことを叫んでいる。しっかり騙される日本人も少なくない。

■待機児童問題

taiki.jpg

1分とかからないので、まずこの動画をご覧ください。
【YouTube動画】「保育園落ちたの私だ」子育て世代母親ら国会前デモ(16/03/06)

バブルのころは、「自分が働きたいので子供を預ける」というニーズが多かったと思います。
しかし、今は、そんな生きがいを感じられる女性の仕事は多くはありません。
生活のために、子供に食べさせるために、少額でもお金を稼がなければならない母親が増えているんです。
少子化なのに子供の居場所がない、異常事態です。


■介護離職
kaigo.jpg


●「軽度」除外策、介護難民増加


●老人ホーム倒産急増!
●「両親を離婚させるしか…」 

■奨学金

syou.jpg
●奨学金で大学進学しても、生活保護費は減額しない運用へ
●国立大授業料、54万円が93万円に
●自衛隊入隊前提に奨学金

■三世代同居住宅補助金

0112TAMAKI3.jpg

●【補正予算案の論点整理【1/12 玉木雄一郎(民主・維新・無所属クラブ)】
玉木:補正予算で計上されている事業で補正予算に組み込まれた「三世代の同居に対応した新築住宅取得促進支援事業」は、三世代同居を補助の要件としていない。なぜか。
石井:この事業は地域の工務店と連携し三世代同居対応木造住宅建設を建設する場合に助成するもの。対象は、キッチン、浴室、トイレ、玄関のいずれか2つ以上が複数となる工事。どういう人が居住するかを確認して実施するものではない(三世代かどうかは関係ない)

●補正予算案の論点整理【1/12 西村智奈美(民主・維新・無所属クラブ)】
西村:三世代同居を進めれば出生率は上がるか。その論拠はなにか。
加藤一億総活躍担当大臣:内閣府調査で、理想家族は祖父母と近居(3割が希望)・同居(2割が希望)であった。
西村:三世代同居を希望する人が2割いるから、というのは根拠としてあいまいだ。伝統的家族について、夫方の親と同居すると出生率高まるが、妻方の親と同居すると出生率は下がるという資料もある。三世代同居で出生率が下がることもある。
加藤:三世代同居を勧めるのではなく、同居を希望する人がその夢を実現できる状況を作る政策である。
西村:内閣府の資料には、三世代同居が子育てを支援し、介護費用も安くできると書かれている。嫁や妻が家事・介護・育児に縛られていた時代に戻すものだ。同居世帯ほど介護離職率が高いというデータもある。三世帯同居支援には反対だ。

■羽ばたく女性支援人材バンク事業

0112TAMAKI4.jpg
●補正予算案の論点整理【1/12 玉木雄一郎(民主・維新・無所属クラブ)】
玉木:「羽ばたく女性支援人材バンク事業」は女性の活躍を応援する制度。国の審議会等の女性委員をデータ ベース化し民間企業の女性役員登用に活用しようとするもの。2015年4月からの運用だが現時点でマッチング実績ゼロ。ホームページの月間アクセス500 件。看板倒れだ。このような予算の使い方をしていたのでは一億総活躍も一億総ばらまきになる。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

anporonten

Author:anporonten

検索フォーム
月別アーカイブ
アクセス数