「帰還兵はなぜ自殺するか」に関連する国会審議(共産党、志位議員)

国会議事録「我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会」(平成27年5月27日)より抜粋

アフガニスタン戦争に際してのテロ特措法、イラク戦争に際してのイラク特措法に基づいて派遣された自衛官は、現地では一人も死亡していない。戦士も自殺もゼロ。
しかし、帰国後に、54名が自殺した。

○真部政府参考人
平成26年度末現在、イラク特措法に基づきまして派遣された経歴のある自衛官のうち、陸上自衛官が21名、航空自衛官が8名、計29名、それから、テロ特措法に基づいて派遣された経歴のある自衛官のうち、海上自衛官が25名、以上、足し合わせますと54名が帰国後の自殺によって亡くなられております。
(コメント:日本国憲法では海外派兵が禁止されているが、政府は「解釈」で派兵を可能と言い、「イラク特措法」「テロ特措法」という法律を作って、自衛隊を海外に派遣した。)

○志位(共産党)委員:
こういう、自衛官がみずから命を絶つという深刻な事態が起こっている、これを、自衛隊の活動領域を広げたらもっと深刻になるんじゃないかと(総理と大臣に)聞いたんですが、全くお答えがありませんでした。

米国には、イラク戦争とアフガニスタン戦争の帰還兵が200万人以上おります。うち60万人が、戦地で経験した戦闘や恐怖から、心的外傷後ストレス障害、PTSDなどを患っております。そして、米国政府によると、一日平均22人、年間8千人もの帰還兵が自殺をしており、米国の一大社会問題となっております。イラクとアフガンの戦場での戦死者よりも年間の自殺者が上回るという異常事態であります。帰還兵の支援は、ワシントン・ポスト紙では、米国の次の戦争と呼びました。昨年12月、ことし2月の二度にわたって兵士自殺防止法が制定されているほど事態は深刻になっております。

PTSDの原因は、戦場で命を奪われる恐怖とともに、戦場で相手の命を奪ったこと、自爆テロだと判断し発砲したところ、無辜の民間人を殺してしまったなどへの心の痛み、苦しみによるものが多く、深刻だと報じられております。
(コメント:日本は「後方支援」だし「戦闘地ではないところで活動する」からリスクはない、と国会で何度も言われました。しかし、後方支援のための移動中に路肩爆弾や地雷に被弾することもあります。敵か味方かわからない現地の人が怪しい行動(すべてがそう見えてくるだろう)をしたら、自己防衛のために「武器を使用」してもよいことになっており、結果的に、武器で現地の人を攻撃することもあります。敵の子供、女性、お年寄りが自衛隊員を攻撃(鉄砲や爆弾で)してきたら、自衛のために、「殺られる前に殺る」のは当然ですが、その記憶がトラウマとなることもあるでしょう。どんな正当化ができるにせよ、実践で「人を殺した」記憶は、後の人生の重荷となるにちがいありません。)

こうした苦しみを日本の若者にも押しつけようというんですか。これを聞いているんです。日本の若者を戦地に派兵し、殺し殺される戦闘をさせる、それがもたらす心身への深刻な傷跡ははかり知れないものですよ。これを聞いているんです。この認識はどうでしょうか。

○中谷国務大臣
まず、派遣する際における安全につきましての対応は、さらに大きくしていかなければならないと思います。
委員が御指摘のとおり、海外派遣は非常に過酷な環境で行われておりますので、こういった精神的な負担等につきましては、クールダウンと申しますけれども、さまざまな措置を講じまして、隊員のメンタルヘルスケアの機会を充実させていきたいと思います。
(参考:「クールダウン」という精神医学的療法。。イラクから帰還する隊員に対して、隊員が帰国する直前、隣国のクウェートにおいて、心理カウンセラーによるグループ・カウンセリングを実施したもの。)
(コメント:中谷大臣は、(報告書「防衛省・自衛隊のメンタルヘルス対策」を読んで)事情を全部理解したうえで「それでもいいんだよ」という答弁か。戦争に戦士や自殺はつきもの、統計上の問題、という程度の認識か?
結局、海外派兵、武器使用を認めた時点で、「死」は想定内、統計上の数字の問題にすりかわる、管理者の頭の中では。
そして国民は「大臣が大丈夫、と言うから大丈夫なんだろう・・」と傍観するのか・・?)


○志位委員
私は、米国の実態を引いて、この深刻な事態を示しました。戦争で真っ先に犠牲にされるのは未来ある若者ですよ。若者を戦場に送るわけにいかないということを強く言っておきたいと思います。

参考情報:
◆毎日新聞 派遣自衛隊員 56人自殺 精神疾患原因、25% 4人は公務災害
◆帰還隊員らが語ったPTSDの恐怖
・安保法制が施行され、南スーダンPKOで自衛隊の武器使用が拡大。武器使用で死のリスクも増し、「捨て駒にされる」と隊員らは訴える。
・「派遣前に精神面で問題なしとして選抜された隊員がこれほど自殺しているというのは、かなり高い数字。しかも、これは氷山の一角で、自殺にいたらないまでも、精神面で問題を抱えている隊員が多くいるはず」
・(イラク南部の都市サマワで、給水や学校、道路の補修などを行う隊員たちを守る仕事をし、帰国後自殺した)中隊長の部隊はロケット弾、迫撃砲などの攻撃を数回受けたほか、市街地を車両で移動中、部下の隊員が米兵から誤射されそうになったこともあったという。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

anporonten

Author:anporonten
秋田県横手市在住の一市民です。
私は、「平和安全法制」の法案に関する国会の審議記録を精査し、論点と問題点を整理し、「安保法案の論点整理」のホームページで発表しました。その後、2015年度補正予算案の審議、2016年度通常国会の審議と追跡を続けています。

検索フォーム
月別アーカイブ
アクセス数