◆「問題はない」と思い込む思考停止

「戦争はいやだ」 が 「戦争するはずはない」 にすりかわって思考停止している人が多いと感じられます。

戦時中にも「日本が負けたらいやだ」 が 「負けるはずはない」 にすりかわって思考停止し、反戦や敗戦を口にする人を非国民扱いした人たちが、政権中枢から一般市民まで大勢いたと思います。

法案の問題点を知ってもらいたくて、
「日本人が乗ったベトナム船を自衛隊は防護しない。米艦船なら日本人が乗っていなくても自衛隊が防護する」という具体的な事例について話すと、
「じゃ、日本は●●国と戦争すると思っているのか」
「じゃ、総理は戦争したがっていると思っているのか」
と、相手に「NO」と言わせるための極論に走り、個別具体的な話には乗ってきません。

「考えたくない人たち」に理屈は通じません。
「総理が、平和だ安全だリスクはない、と言っているんだからそれでいいじゃないか」
と思考停止し、議論に白旗を挙げている人たちのことは、
放っておくしかないと思います。

このような思考のすりかえは、公共の問題でも頻繁に起きています。

自然を破壊するダムの問題、買い物難民、沖縄の米軍基地問題、・・・etc.
問題を直視すると仕事も心配も増え、精神的な苦痛にさいなまれる。
一方、「問題は存在しない」と思えば自分は楽なままでいられる。

政治家や公務員は、自分の仕事を増やしたくないから、
「問題はない」と思い込むため、思い込ませるための理屈をるる述べることが多いので、
「少しは汗をかけ!」と私なら怒ります。

自分を傷つけるかもしれない現実から、自分の精神を守るための心理的防御なのだ、と心理学の本で読んだことがあります。

また、相手に「NO」と言わせるための極論に走って喧嘩優位に立とうとするのは
男女のいさかい、夫婦喧嘩、いろんなところで見られます。

今、ちょっとしたトラブルで「どっちが悪い」の口論をしているとき、
「3年前あなた浮気したでしょ」など無関係な話、しかも相手が「自分が悪い」と認めざるを得ない話をもちだして、口論に勝とうとするのは、
「今の口論で自分に勝ち目がないけど、悔しいから、相手をぺちゃんこにできる話を持ち出そう」という深層心理があると思います。

私は議論好きでも口論好きでもありませんが、相談や意見を求められれば、愚直に自分の考えを述べます。しかし毒舌で相手の痛いところを突くので口論になることもあります。

口論に負けそうになると相手は「君は結婚したことがないから人の気持ちがわからないんだ」「子供もったことがないから社会のことがわからないのよ」と、まったく無関係な、かつ自分が絶対優位に立てる議論にすりかえて、私を叩こうとします。

なんでそこまでいわれにゃならんのよ・・とほほ・・となりますが、
相手がそういう話をしたら、「ごめん、自分がわるい」と表向き負けを認めながら、
内心「よしっ、相手は白旗挙げて降参した」と思うことにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

anporonten

Author:anporonten

検索フォーム
月別アーカイブ
アクセス数