「戦争しない積極的平和」ガルトゥング博士のこと

まずは、うれしいうれしい「Q&A」を見つけました。
●国際平和のためには、憲法第九条の信念を貫いて、日本が紛争国の仲裁に出ることだと思っています。→賢明なご指摘です。日本が・・・

次に本題、
「これからの我が国防衛」を考える途上、この本と出合いました。
「ガルトゥング紛争解決学入門」(法律文化社)
IMG_4901.jpg


「戦争をしない積極的平和」を世界に広げること、それは憲法9条を持つ日本だからできること、でも日本は戦後70年間、それをしてこなかった
日本語版への序文(2014年4月)は痛烈です。

【呼びかけ人】「積極的平和」の提唱者で「平和学の父」ヨハン・ガルトゥング博士を日本に!

【朝日新聞】積極的平和主義の提唱者、来日へ 「9条守ると主張を」

博士は上記の本の序文で、いきなりピンポイントアドバイス!
政治家の「解釈」に裏切られ、心地よい惰眠をむさぼる枕として平和運動に利用されてきた9条には、「専守防衛」と「積極的平和」という2つの堅固な支柱が付加されるべきであった。

世界はだれかが攻撃してくるかもしれない危険な場所となりうる。だから、攻撃や費用の高くつく軍備競争を挑発しないことが重要である。そのためには、戦争を自国の土地に限ることであり、防衛手段としては、通常兵器(全く攻撃的でない、射程の短い、固定兵器でよい)で十分である。

われわれは、今日と明日の紛争をいかに解決するか、昨日の癒されないトラウマをいかに和解させるかを学ぶことができる。更に、相互のかつ公平な便益を求めて他者といかに協力するか、他者がどう感じているかを知るため十分な共感をいかに発展させるかを学ぶことができる。
「ガルトゥング紛争解決学入門」(法律文化社)の「日本語版への序文」より引用


そして、次のような日本への期待(というか、まだ実現できていないことへの批判)が書かれています。

●日本が、それらすべてに熟練者を育て、紛争当事者を助ける主宰者になり、世界に9条を普及させる
●兵器級プルトニウムの生産疑惑をもたれないように原発を廃止し、東アジアや東北アジア共同体に隣国として参加
●尖閣諸島(中国と紛争中)、魚釣島(韓国と紛争中)は、共同体所有とし、日本、中国、韓国で収益を分配


●その場合、他国は戦争のリスクなく、(日本への)投資や貿易を行うであろう。そして好戦国からの攻撃は抑止されるであろう。

憲法第九条の信念を貫いて、日本が紛争国の仲裁に出る、という国際貢献の可能性、実現方法をこの本で学びたいと思う。

おおおぉ!こんなサイトもあった。
平和的手段による紛争転換NGO トランセンド研究会
(思ってはいるが読むのに時間がかかりそう。若くて頭の回転の若い方たちにもぜひ取り組んでほしい。)

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

anporonten

Author:anporonten
秋田県横手市在住の一市民です。
私は、「平和安全法制」の法案に関する国会の審議記録を精査し、論点と問題点を整理し、「安保法案の論点整理」のホームページで発表しました。その後、2015年度補正予算案の審議、2016年度通常国会の審議と追跡を続けています。

検索フォーム
月別アーカイブ
アクセス数