FC2ブログ

記事一覧

Youtubeの落とし穴

いや~、びっくり。世間知らずとは私のことですね~。FacebookのShareで流れてくるYouTube動画に面白いものが多いので、Youtubeには、ゴミもあるけれど良質の動画もいくらかあるんだろうと思って「Youtube上映会」を企画しているんです。で、材料探しに、憲法とかTPPとかテーマに沿ってYoutubeを検索してみると、ずらずらずら~っとネトウヨのプロパガンダ動画ばっかり並んでいる。びっくりびっくり。しかも、立派な名前や肩書の人...

続きを読む

最近の報道について

インターネットでは、様々なニュース、解説、現場の状況、専門家の意見を見ることができ、YouTubeには真実を伝える動画も多い。それらを見ていると、これまで信頼して見てきたテレビや大手新聞の情報が大きく偏っていることに気づく。例えば、N HKや大手新聞社は、皇太子さま55歳の誕生日の記者会見を報道する際、「戦後の日本は日本国憲法を基礎として築き上げられ平和と繁栄を享受している」と発言した部分を意図的に報道しな...

続きを読む

◆『帰還兵はなぜ自殺するか』まとめ

アメリカでは、イラク戦争に派遣された兵士の、戦死者よりも、帰国後の自殺者の方が多くなったそうだ。『帰還兵はなぜ自殺するか』という本からその理由を読み解く。即席爆弾による脳損傷とPTSD対テロ戦争や紛争地域では、戦闘そのものよりも、移動中に即席路肩爆弾にあって死傷することが多い。即席爆弾は超音速の爆風を生じ、装甲戦車をも破壊する。先進国の兵士はハイテク化した防護服で戦う。爆弾で吹き飛ばされても「死な...

続きを読む

憲法改正について

最近の世論調査では、「憲法改正必要なし」と考える国民が多い。しかし、現政権が参議院選で勝利し、その勢いでPKOを南スーダンに派遣し、「非戦闘地域が戦闘地域になって自衛隊が抜けられなくなり」「不十分な訓練、武器、不戦ルールに縛られて自衛隊員が死傷」という事態になり、国民が動揺している中で総理が堂々と「だから、やっぱり憲法を改正して軍をちゃんとしなければいけないでしょ」と言えば、憲法改正に同意する国民が...

続きを読む

憲法と戦争

今の日本国憲法は、「先の大戦が天皇主権で国民の命が軽視された」「政府の行為によって戦争が行われた」ことを深く反省し、それを繰り返さないために「(天皇や政府ではなく)国民主権」「武力は持たない、戦争はしない」と決めたもの。「いずれの国家も、他国を無視してはならない」とあるのは、日本が太平洋戦争でアジア諸国民二千万人以上の命を奪ったことを反省し、これからは他国のことも考えましょう、という意味だ。決して...

続きを読む

◆教科書検定について

 平成26年、自民党の提言によって、「政府の統一見解を記述すること」「バランスのとれた記述」など、教科書検定基準が変更された。今年3月に公表された教科書検定では、例えば●「積極的平和主義とは、広範な地域で自衛隊の活動を認めようという考え方」という記述に対し、「生徒が誤解する」と検定意見がつき、「積極的平和主義は、国際社会の平和と安定および繁栄の確保に、積極的に寄与していこうとするもの」に変更された。...

続きを読む

最新記事

プロフィール

anporonten

Author:anporonten
2016年に「安保法案の論点整理 http://anporonten.jp/ 」、2019年に「イージス・アショアの秋田市配備を考えるサイト http://anporonten.jp/TAAA/ 」を公開しました。これらのサイト開発を通じて知ったこと、感じたことなどをこのブログに書きます。